黒猫くーすけの資本家への道

黒猫くーすけが、猫らしい生活を取り戻すため資本家を目指しています。

「長期にわたりPBRが1倍を割る企業には投資しない」

くーすけです。

皆さんは、投資先を選ぶときに、どのような指標を参考にされるでしょうか?
私は、最近は、PERのほか、売上高と営業利益の推移を見ることが多いように思います。

さて、少し前の日経新聞の記事ですが、印象に残る記事がありましたので紹介します。
www.nikkei.com
注)日経新聞電子版の会員でないと読めません。

これを書いた川北英隆氏は、農林中金バリューインベストメンツの奥野一成氏とも関係が深い方のようです。

氏は、記事の中で、個人は短期投資ではなく長期投資をすること、長期投資でもTOPIX日経平均株価に連動するインデックス投資より投資先企業を選別することが必要と主張されています。
そのうえで、企業を選別する際の指標として、PBRを挙げています。

長期投資型で企業を選別する場合、長い期間PBRが1倍割れの企業を避けるべきだ。景気後退期や業績不振時などに出現することはあり得るが、長期間PBRが1倍割れなのは、ほとんどの投資家がその企業の経営を「良くない」と評価しているからだ。
(中略)
結論を述べておく。長期にわたりPBRが1倍を割るのは、企業の事業利益率が、投資家の期待する利益率を上回らないからにすぎない。換言すれば、長期投資家からみて、経営が及第点に達していない。
以上から、個人が長期投資型を実行するには、PBR1倍未満の企業を除いた企業群から投資先を選び出すのが賢明だ。実際、PBR1倍以上の企業の投資収益率は明らかに高い。
(出典:2022年7月29日日本経済新聞朝刊)

氏の言う、日本株では投資先を選別する必要があるということには同感です。
ただ、PBRの基準については、うーんそれはちょっとどうやろ~、という印象です。
例えば、私が比較的取引をする、卸売業(商社)では、PBR1倍割れが常態化している銘柄が多いです。
業績絶好調の8058三菱商事や、3176三洋貿易、8020兼松、8059第一実業は、今もPBR1倍割れです。
8801三井不動産などの不動産業も、同様です。
一方で、比較的”若い”銘柄や情報通信系は、PBR倍率は高いです。
PBR1倍割れなんて、めったにお目にかかったことがありません。

要は、業種によりPBR倍率に偏りがあり、機械的に適用すると、業種ごとごっそりと投資選別対象から外れてしまうケースがあるということ、PBRだけで判断しないということ、です。
自分の大事な資金を運用する訳ですから、投資先の選別は自分自身でよく考える必要がありますね。

ちなみに、私は、PBRなんて、気にもしてないです。
ただし、日経平均株価などの指数自体のPBR1倍割れは、大底を示すサインとして信頼性はあると思います。
近々、そういう場面が来るかな、、、



※ この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

相場雑感(2022.9.23)~株式を引き続き買う

くーすけです。
台風が過ぎて、一気に涼しくなりました。
急激な気温の変化に、体がついていけません。
毛皮をまとってるくせに、ですって? 
毛皮を着ている私でも困ります、まだ夏物のコート(夏毛)なので。

急にやってきた2022年秋

さて、FOMCがあり、0.75%の利上げがありました。
さらに、2022年末の政策金利見通しが4.4%ということで、年内にさらに1.25%の利上げ実施という見通しが広がっています。
2023年末の政策金利見通しが4.6%ということは、来年には利上げが停止されるということですね。

どう見るか?
おそらく米国経済はリセッションに入るんでしょうね。
今のNY株は、それを織り込みに行っていると思います。
ただ、株価には、景気より半年ほどの先行性があります。
来年の利上げ停止の確度が高まれば、年内には底堅くなってくるのではないか、と思っています。
ただ、利上げ停止というだけで利下げに転じるわけではないこと、量的引き締めも続くことから、すぐには上げ相場には戻らないでしょう。
2023年いっぱいは、今よりもう少し安い水準での横ばいが続く展開が、メインシナリオではないかと。

私は、そんな中でも株式をチビチビと買っています。
買った一つが、4486ユナイトアンドグロウです。
正確に言うと、買戻しになります。
中小企業を強くするというミッションのために、情報システム体制が弱い中小企業に「シェアード社員」を送り込むことを主業としています。
株価水準としてはやや割高と思うので、とりあえず100株だけ買いました。

2303ドーンもそうですが、いい株なんだけど少し割高感があるものは、とりあえず1単元だけ買っています。
1単元でも株主になれば、とたんに当事者意識を持ちますから。



※ この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

どのような銘柄を長期保有するのか

くーすけです。
台風14号が猛威をふるっています、我が家を含め大きな被害が出ないことを祈ります。

さて、6月以降、株式投資について色々考えてきて、その都度このブログにも書いてきたところです。
www.kuroneko-investor.com
今回は、どのような銘柄を長期保有するのか、について。
銘柄選択の大まかな基準です。
これらの基準を満たす銘柄を中心に選んでいきます。

1.売上が伸びている銘柄
2.営業利益率の高い銘柄
3.時価総額が1,500億円程度までの銘柄
4.長期チャート(10年・20年チャート)が右肩上がりの銘柄
5.今後も売上を伸ばす余地があると思われる銘柄
6.長期的な社会潮流に逆行しないビジネス内容の銘柄

なお、3.時価総額について少し補足を。

時価総額が100億円未満といった超小型株には、テンバガーといった夢があります。
ですが、時価総額が小さすぎる企業は、ちょっとした社会的な変化(法律や制度改正など)、顧客ニーズの変化、ライバルとの競争、天災地変などに対応し、生き残っていくだけの体力がないケースも考えられます。

アラフィフという私の年齢を考えると、老後資金を託す資産形成では、大きな失敗はできません。
テンバガーの夢を追うよりは、10年間で2~3倍化するような成果をそれなりの確率で期待できる「堅実な銘柄」の方を志向します。
それは、時価総額で数百億円はある、既に一定の地位を築いている中型株が中心になると思います。
一発ホームラン狙いの、時価総額が100億円未満の銘柄だけでなく、そういった中型株も交えて、部隊編成します。
なお、大型株でもいいのですが、リターンの点で見劣りするので、たぶん組み入れないです。

どんな銘柄を保有しているかは、月末の記事で紹介します。



※ この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

ブログ開設2周年 ~なぜに今、グローバルニッチトップ企業100選が???

くーすけです。

このブログですが、まもなく開始2周年になります。
自分の備忘録として始めたブログなので、気の向くままに書いてきました。
申し訳ないですが、読者の皆さんが知りたいこと・興味のあることを書いてアクセスを集めようという気がありません。
アフィリエイト広告などの収益化をやるつもりも一切ないので。
ただ、そんなブログにもかかわらず、最近は、一日平均30件ほどのアクセスがあります。
読まれないよりは読まれる方が、やる気になるのでいいのですが。

さて、読者の皆さんが、我がブログのどこを読んでいるのかが気になって、はてなブログアクセス解析をしてみました。
そしたら何と!
アクセス元は「google検索」が一番多くなっていました!
ブログ村からのアクセスが多いのかなと思っていましたが、、、。
なんでかな?

しかもアクセス先が、「グローバルニッチトップ企業100選」の記事がダントツで多くなっていました。
www.kuroneko-investor.com
だいぶん前に書いた記事やのに、何で今更これが???


謎です。まあええけど。



※ この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

相場雑感(2022.9.17)~株式を買い増す

くーすけです。

今週は下げましたね。おまけに台風が来ているし。

そんな中、私は、日本株式とS&P500ETFを買い増しました。
長期投資部隊は、株式ポジション30%まで引き上げました。
残念なことに、買ったそばから下げて、含み損拡大中ですが、、、。
長期投資部隊については、仮にリーマンショック級の下げが来たとしても、保有継続します。
市場がドン底になった時に、残ったキャッシュを投入して、ただひたすら回復を待つ作戦を取ります。

今週新たに買った銘柄の一つに、2303ドーンがあります。
これは、ろくすけさんのパクリです。
あと、関西(神戸)の企業だということ、営業利益率が30%の非常に強いビジネスを持っている企業だということで。
6suke.com

4934プレミアアンチエイジングは、値動き激しいですね、、、。
この前の記事を書いた後に思ったのは、化粧品はコモディティなんやな、ということです。
同じ商品を使い続けるのには、よほどの理由が要ると思います。
愛着で使い続ける人もいると思いますが、後続でさらに効能の良いライバル商品、安価で同じような効能のライバル商品が出てくれば、多くの消費者はそちらに流れるでしょう。
だから企業はブランド化や定額制導入、新型モデルの市場投入、BRAUNのシェーバーの替え刃のような消耗品ビジネス、などで囲い込みをしようとする訳ですが。
ルイヴィトンのカバンや、ダイワ(グローブライド)の釣り竿のように他人の目に触れる機会のない(見栄を張れる機会のない)商品については、ブランド化はなかなか難しいかもしれんなあ。
こんなことを考えていました。
今の株価水準であれば、割安性がないので、私は4934プレミアアンチエイジングを買うことはしません。


※ この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

4934プレミアアンチエイジングの2023年7月期予想について

くーすけです。
今日、4934プレミアアンチエイジングの2022年7月期決算と2023年7月期業績予想が発表されました。
持ち株ではないのですが、因縁のある銘柄なので、私見を述べます。

プレミアアンチエイジングの業績推移(出典:マネックス証券

記載の通り、今期予想は、前期比で増収増益、売上高で+9.1%、営業利益は+24.3%、EPS208円となっています。
直近の四半期(2022年5~7月)では、前年同期比で売上高は△11.4%となっています。
四半期の売上高は、前期2Q~4Qまで、ほぼ80億円で横ばいで推移し、伸びは止まっています。
これは、基幹ブランド「デュオ」の伸び悩みがダイレクトに現れているのでしょう。

今期、増収を予想している根拠は、新しい2つのブランド「カナデル」「クレイエンス」の成長と、インバウンドの復活を期待してのことではないかと見ます。
今期予想の実現可能性は、まだ何とも言えませんが、「デュオ」が現状水準を維持するなら、達成のハードルは高くないと思われます。
EPS208円に対して、この瞬間のPTS市場で@2,820円なので、PERは約14倍、やや割安水準と思われます。
PER15倍の、@3,100円辺りが適正水準かな。

その他では、前期の営業キャッシュフローが大幅赤字になっているのが気になるところです。

総合すると、悲観するような内容ではないが、株価が一気に4千円とか5千円になるような要素もないといったところでしょう。
5年以上保有するつもりなら買えると思います。
私も、買い戻すか、週末にじっくり検討します。
とりあえず、速報版としての投稿です。



※ この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

4934プレミアアンチエイジングの値動きに思うこと

くーすけです。

プレミアアンチエイジング社のロゴ(同社HPより)

6月に大きく損を出した、4934プレミアアンチエイジングが、今週、動意づきました。
3日連続ストップ高を含め、先週末@1,915円台から、今週は@3,105円のストップ高で、終わりました。

私の場合、平均買い値@4,200円あたりで、下方修正による暴落に巻き込まれ、ほぼ半値で売りました。
含み損を抱えたまま過ごすのは、精神的に非常に重荷で耐えられそうになかったからです。
が、それから約3か月で、かなり戻してきたことになります。
我慢してホールドしていれば良かった、とても悔しい、、、。

大きく下げた銘柄を損切りするのは定石だと思いますが、今回のことや、コロナショック時の経験から、実力のある銘柄では、下げてもいつかは戻る可能性がかなりあると思われます。
だから、変に損切りせず、保有を継続しようと考えることにしました。
(そのための銘柄の見極めと、そこそこ割安な時に買っておくことが前提にはなりますが)

あ、4934プレミアアンチエイジング祭りですが、私は参加していませんよ。



※ この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。↓クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング