黒猫くーすけの資本家への道

黒猫くーすけが、猫らしい生活を取り戻すため資本家を目指しています。

決算発表についての備忘録(2022.5.15)その2

くーすけです。
決算発表についての備忘録の続きをアップします。

1332日本水産 今期増収営業減益予想
・急激なコストアップを吸収しきれず営業利益・経常利益は減少予想。
・今期は大きな減損がなくなる一方で、政策保有株等の売却を予定。→純利益は増益予想。
・配当は年間16円(2円増配)を予定。
【メモ】
増配で配当利回りが3%近くに上がってきた。もう少しで配当株として買える水準。
中期経営計画で、2030年度に売上高1兆円、営業利益500億円を掲げる。→単純計算でEPSは100円くらいか??
ここは、ロシアの極東地方に営業拠点があったと思うが、経済制裁で、調達・加工に影響が出ていないのか?ざっと見た限りだが、資料には言及がない。

4082第一稀元素化学工業 今期大幅増収増益予想
・売上高は、販売数量が前年同期比で18.2%増加に加えて、原料価格上昇に伴う販売価格上昇により25.1%増加。
・長期化するサプライチェーン混乱の影響を受けるも当社販売はCOVID-19前を上回る水準を維持
内燃機関搭載車の販売台数が想定水準に到達しないなどの環境変化に対応し、新たな中期経営計画を策定。
・新中計では、今の主力分野に加えて、戦略分野(半導体・エレクトロニクス、エネルギー、ヘルスケア)の伸長を重点項目に。
【メモ】
原材料価格の上昇分を販売価格に転嫁できているのは競争力の強いことの裏返し。また、新しい中期経営計画で、自動車の環境規制強化や電動化に向けた対応をしっかりと意識している印象。グローバルニッチトップ100選企業。過去の業績推移を見ると、波が激しいが、長期的には伸びているから、買いOK。

4082第一稀元素化学工業の業績推移(出典:マネックス証券

7198アルヒ 今期は増収・微増益を予想
・前期は、コロナの影響によるフラット市場の低迷、得意とする中古物件の供給減、三大都市圏における競争激化を主因に売上・利益が減少
・住宅ローンの強み再構築に向けた出店などに係る人件費、新商品導入及びDXを目的としたシステム投資費用などの戦略的な投資を積み増すことで、税引前利益については前期比+2.4%を見込む
【メモ】
競争激化の住宅ローン市場。また人口減少によるマーケット縮小は必至。まさにレッドオーシャン
配当利回り6%というのは魅力的ではあるが、、、長期保有では買えんな。

7575日本ライフライン ほぼ横ばい予想
・売上の増加・粗利率改善が販管費の増加を吸収する見込み
【メモ】
円安は輸入商社である同社には逆風。保険償還価格という制約で、価格決定権がないのは痛い(コスト増を転嫁しにくい)。決算前に売却したのは正解だった。ウォッチ対象から外す。

※この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

決算発表についての備忘録(2022.5.15)

くーすけです。
自分用の備忘録のメモをアップします。

6694ズーム 1Q赤字転落 
・需要は堅調ながら半導体不足による販売数量減少により、前年同期比で減収減益
・2022年上期は半導体の供給不足により必要数量の7-8割の生産にとどまる見込み
・2022年下期は回復を見込むも2022年度末に受注残を解消しきれないと予想
・円安傾向は業績にはプラスであるが半導体不足の解消状況は不透明であり業績予想は変更せず
【メモ】
減益は予想されていたが、赤字転落とは意外。「需要は堅調」という会社側の説明を信じるなら、13日夜のPTS市場では株価1,000円を割っていて50円配当で配当利回り5%になるから、買い場のようにも思うけど、底打ちするまで様子見するか。
それにしても、自動車産業もそうだが半導体不足の影響は意外に長引いているな、、、。

2902太陽化学 今期増収減益予想
・健康食品向け機能性食品素材の需要は増加したが、エネルギー価格や原材料価格の上昇など、取り巻く事業環境は厳しい状況
・前期海外売上比率は約20%
【メモ】
原材料価格や物流費の高騰は、2918わらべや日洋や4248竹本容器もそうだが、加工型企業に共通の課題。
利益率が高く割安なので、食料品関係の柱の一つと思っていたが、様子見やな、、、。
しかし、本当にここはIRに消極的やなあ、、、情報が少ない。

4544HUグループHD 今期減収減益予想
・売上高は7%の減収を見込む、うち新型コロナウイルス検査関連売上高は約52%減、ベース事業は約8%成長
・営業利益は58%の減益を見込む、 新型コロナウイルス検査関連売上の減収およびH.U. Bioness Complex関連(研究開発施設)の初期費用・減価償却費用による減益が主因
・H.U. Bioness Complex関連は、2024年度から効果が費用を上回る見込み 
【メモ】
コロナによる特需の反動と設備投資費用が今期・次期の利益圧縮要因としてあり、しばらくは株価低迷か。
ただ前向きな要素もあるし、海外比率も高めていけると思うので、長期的には期待できる。
持ち株にヘルスケア系が少ないので、配当利回り5%を超える2,500円割れ水準なら買うかなあ。

※この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

保有株・注目株の配当利回り(2022.5.13)

くーすけです。
2022年3月期の決算発表も、ヤマ場を越えたそうですね。
私の持ち株や注目株(直近売却したが観測を続けている株)の決算・配当の状況をまとめましたので、アップします。

保有株・注目株の配当利回り(2022.5.13)

特筆すべきは、6919ケルです。1株配当の推移ですが、倍増です。
2021年3月期 41円
2022年3月期 81円
2023年3月期 81円
買値ベースでは、配当利回りが8%を超えました。もっと買っておけばよかった・・・。

8058三菱商事も、142円配当と思っていたのが150円配当とサプライズ増配となりました。
これも、買値ベースでの配当利回りが6.3%となって、非常にありがたいことです。

34銘柄中15銘柄で今期増配予想となっているし、今期増配はなくても前期増配して今期据置予想のものもあります。
全体として増配傾向が強いといえます。

当面は株価が調整すると予想して、株式保有をかなり減らしています。
FRBの金融引き締め姿勢はまだ続くので、下押しする場面があるでしょう。
そういう時に、業績堅調で増配する株を、少しずつ買い入れていこうと思います。


※この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

くーすけ、退院

くーすけです。
昨日ようやく退院しました。
でも、まだ完全復調ではありません・・・

先週はゴールデンウイークの谷間でしたが、株式の売却を進めました。
現金比率を、中期投資部隊は51%、長期投資部隊は79%まで一気に高めました。
長期投資部隊は、残りは三菱商事などで、この部分は売りません。
基本的には、FRBが金融緩和に方向転換するまで、現金比率を高めに保ってやり過ごします。
このブログも、書くネタが少なくなりそうです。


※この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

FOMCを通過して

くーすけです。
まだ入院中です。

さて、注目の5月FOMCが終わりました。
結果は、政策金利の0.5%引き上げと、6月からの量的引き締め開始です。
ほぼ予想通り。
パウエル議長の、0.75%利上げ慎重発言を受けて、NY市場は急伸とのことでした。
今晩の米国市場がどうなるかにもよりますが、おそらく連休谷間6日の東京市場は、大幅上昇となるのでしょう。

私はどうするか。
株式資産を圧縮していきます。
正確に言うと、5月2日から圧縮を始めています。
理由は至ってシンプル。
利上げは今後も続くから。
利上げが経済活動にブレーキをかけていくんですよ、コロナ禍やウクライナ戦争で良好な経済状態でないにもかかわらず。
そして、量的引き締めが時間が経つにつれてジワジワと効いてくると思うから。
緩和マネーが市場から吸い上げられていくんですよ。
次の金融相場が始まるまで、年単位の時間がかかるかもしれませんが、それまで投資活動は縮小です。

ただし、株式資産をゼロにはしません。
8058三菱商事や8591オリックスなど、コロナショック時に安く仕込めた「お宝」は、保有を続けます。

※この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

くーすけ、入院中

くーすけです。
手術は無事に終わりましたが、まだ(動物)病院に入院中です。
ゴールデンウィークも関係ないね、、、。

ヒマだから、日経新聞(電子版)を見ていますが、とりとめもなく思ったところを。
一言で言うと、『これはマジでリセッションが来そうやな』と。

〇「米長期金利上昇、3年半ぶり3%台 FRBの引き締め警戒」
ついに3%まで行きましたか。終値では3%を割ったようですが、米ドルを持っていれば債券投資を始めてもいいタイミング到来ですね。

〇「NYダウ反発、84ドル高 短期の戻り期待が支え」
前日に1,000ドル下げた割には戻りは弱いですね。FRBの金融引き締めに対する警戒感が拭えないようですね。
5月FOMCが終わっても、簡単には金融政策の不透明感は消えないでしょうから、当面上がらないかな。

〇「EU、ロシア産石油禁輸で調整 年末までに実施か」
マジか?また石油価格が上がるな、、、。インフレが長期化しそう。となると金融引き締めも続きそうやな。

〇「欧米高級品株が下落 物価高で実質所得減、節約志向に」
そりゃそうなるやろうね、みんな生活大変やから。日本でも同じことが起こる(起こっている)と思うから、高級嗜好品を扱う商売には厳しい局面が続くやろうね。高級衣料品やブランドバッグ、旅行関連など。3665エニグモには、厳しいな。

〇「4月の米製造業景況感、1.7ポイント低下 供給制約が重荷」
ISM製造業景況感指数のことですが、米国製造業にも、頭打ちの傾向が顕著に出てきています。


※この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング

くーすけ、緊急手術!

くーすけです。

私は猫なのですが、先日来、おしっこの出が悪く、トイレで頑張っても出ない、、、日々が続いていました。
一昨日からは、とうとう血尿が出たので、動物病院に連れていかれました。
診察の結果は、尿管結石で手術が必要となりました、、、。
今日が手術なのですが、怖いよう~~

そんなビビっているワタシですが、保有株式たちはせっせと働き、配当金を運んできてくれます。
先日、報告書が送られてきた1928積水ハウスでは、今期も増配予想です。

積水ハウス㈱2022年1月期報告書

1株当たり配当金額の推移です。
2019年1月期 79円
2020年1月期 81円
2021年1月期 84円
2022年1月期 90円
2023年1月期 94円(予想)

おしっこが出なくて苦しんでいるときも、持っているだけで、年々配当金を増やしてくれる。
増配株投資のありがたみを感じる瞬間です。

※この記事は私の個人的な見解であり、投資は自己責任でお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

長期投資ランキング